マンションで発生する雨漏りへの対処法

マンションを借りようと思ってる人は、雨漏りに気をつけなければなりません。



こう言うと不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。


なぜなら、マンションで雨漏りが起きても管理組合が責任をもって処理してくれると考えるからです。
確かにその通りですが、しかしこの問題は何かとトラブルが多いので、前もって注意点を確認しておかなければなりません。例えば、雨漏りによって自分の部屋の天井にシミができた場合にどうするかという点です。

そのシミがもし雨漏りによってできたものなら、当然、管理組合の責任で補修すべきだと考えることができます。
確かにこれは筋の通った意見です。

しかし、見方を変えると、天井自体は家主の所有物なのだから、そこに発生したトラブルは家主が自分の負担で処理すべきだと考えることもできます。

Yahoo!ニュース関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

このうちどちらが正しいかといえば、天井にシミができた原因はマンションの屋上で発生した雨漏りにあるので、原因がマンションの共有部分にあるという点で、やはり管理組合が処理すべきでしょう。

このように考えるが妥当ではありますが、しかしそれでもデリケートな問題なので、この点は何かとトラブルが発生しやすくなります。したがってこれからマンションに入居される方は、この辺のところをしっかり不動産会社と管理組合に確認しておきましょう。そうすれば、トラブルが発生したときに慌てて誤った対処をしなくてすみます。
逆に前もって用意をしておけば、落ち着いて対処できます。