マンションで雨漏りした場合の修理代

マンションで雨漏りをした場合は戸建てとは違う対応が必要になってきます。
何故かというと、マンションは集合住宅であるため、戸建てでは考えられないようなトラブルにつながってしまう危険性があるからです。

しかもマンションは戸建てよりも雨漏りかどうかの判断が難しいのです。
上層階からの水漏れの可能性も含んでいるからです。ここが戸建てとの大きな違いということが出来ます。水漏れが原因で室内に何らかの損害が起きてしまった場合は、損害の保険がおりることがあります。



しかし雨漏りの場合は保険対象でないことが多いのです。損害が起こってしまった場合は自己負担になる可能性もあるということです。


屋上から雨漏りが起こっている場合は、管理組合が修理代を負担するのが一般的です。

屋上部分は共用部分だからです。
賃貸物件の場合は借主に支払い義務が発生しません。

貸主は借主に対して普通に住むことが出来る家を貸す義務が発生するため、雨漏りしている物件はそれに該当しませんので、貸主には修繕義務が発生することになります。


借主が故意におこなったり、通常生活に支障がない程度のものに関しては、貸主に絶対義務が発生するわけではないので注意が必要です。

産経ニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

これらのことが原因でトラブルに発展することも少なくありません。


このようなトラブルを減らすためには、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

安心できる雨漏り保険の最新情報を掲載しています。

賃貸契約を結ぶ時には、修繕時の費用負担や修繕の範囲などをしっかりと決めてから書面に証拠として残しておくことが重要です。